ホーム
プロフィール
製作物
前の記事
Arduinoを用いて重量計を作成する
次の記事
ISyntaxの使い方
投稿日時:2020/01/26 23:16、最終更新日時:2020/02/19 22:43

IMathLibリファレンス

  • pocket
  • はてなブックマーク

はじめに

 これはこちらで公開されているC++17で数値計算を直感的に記述するためのライブラリIMathLibのリファレンスである。IMathLibの数学型や数学関数の予め定義された拡張ライブラリであるIMathLibExについても仕様についても記す。

環境

Windows

Windows 7 / 8.1 / 10

Visual Studio 2019

利用方法

 ダウンロードについては最初に示したリンク先を参照する。
 全ての機能はヘッダに記述されているため、ライブラリのIMathLibディレクトリに対してパスを通してヘッダIMathLib/IMathLib.hppをインクルードすることにより全ての機能が利用可能となる。個別にヘッダをインクルードすることも可能である。

機能一覧

 以下は機能とそれに対応するヘッダ一覧である。
 IMathLib本体以外の機能はIMathLibExの機能である。

IMathLib本体

ヘッダ名概要サポートバージョン
IMathLib/IMathLib.hppこのライブラリの全ての機能を利用する
IMathLib/preprocessor.hppプリプロセッサメタプログラミング
IMathLib/math_traits.hpp数学型や数学関数を実装するための特性

一般

ヘッダ名概要サポートバージョン
IMathLib/utility/utility.hpp標準ライブラリとの互換性や派生したものおよび数学型の設計で用いるもの
IMathLib/utility/tuple.hppタプル

数学

ヘッダ名概要サポートバージョン
IMathLib/math/math.hpp数値計算を直感的に行うためのコアと数学関数
IMathLib/math/liner_algebra.hpp線型代数
IMathLib/math/hypercomplex.hpp多元数
IMathLib/math/data.hpp統計等データ処理


前の記事
Arduinoを用いて重量計を作成する
次の記事
ISyntaxの使い方

コメント欄(詳細な記述方法についてはこちら)

この記事ではコメントが禁止されています

まだコメントの投稿はありません